「ボサノヴァの裏道を巡る」講座

 

★「ボサノヴァの裏道を巡る」

 

ボサノヴァの歌詞やボサノヴァ史の中から、毎回いくつかのキーワードを抽出して、日本ではまだ広く知られていないブラジルの社会やカルチャーを知ろう、という講座です。 

ブラジルで生まれたボサノヴァの歌詞を通じて、自然や食文化、社会やカルチャー、ひいてはブラジル人の精神性などを、皆さんと一緒に探っていきます。 

ルイ・カストロが記した「ボサノヴァの歴史」の中で多くを語られなかった、“陽の当たらない”ボサノヴァのエピソードや人物も紹介することでボサノヴァをより多面的に紹介していきます。

※使用参考図書「ボサノヴァの歴史」(ルイ・カストロ著)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月の講座の内容は下記の通りでした。

結婚生活をリセットするたびに、生活環境も変えて新しいパートナーと共に人生を歩んだヴィニシウス・ジ・モライス。パートナーだった女性と当時の環境がヴィニシウスの作風にどのような影響を与えたのか(あるいは与えなかったのか)を探るシリーズ、第五回は6人目の妻クリスチーナ・グルジャォンにスポットを当てます。
軍事政権下の1968年から1971年まで婚姻関係にあったクリスチーナは、後に女性ジャーナリストとして活躍する独立心の強い女性だったこともあり、ヴィニシウスとの関係も色んな意味で激しいものでした。この時期、
ヴィニシウスはついに外交官を辞任。詩人、音楽家として、新たな局面を迎えます。
ヴィニシウスの末っ子マリア・グルジャォン・ジ・モライスの母でもあり、「Pela luz dos olhos teus」のモデルと言われるクリスチーナと過ごした時代のヴィニシウスの作風を再考しました。

 

次回日時 :   2020年2月7日(金)19:00~20:30 (原則月1回第1金曜日)

テーマ:   わかり次第ご案内いたします。

参加費     :   各回2,000円 (コーヒー菓子付き)

講 師     :  麻生雅人(あそうまさと) 

 

  

 

講師プロフィール:  

1964年、名古屋市生まれ。

著書に『おいしいブラジル』、『ブラジルカルチャー図鑑』(共にスペースシャワーネットワーク)、

『ディスクガイド ブラジリアン・ミュージック』、『ディスクガイド サンバ』(共にシンコーミュージック)など。

 ブラジル情報サイト「MEGA BRASIL」編集長。

 

 

 

予約はお早めに!Café y Libros :info@cafeylibros.com, tel:03-6228-0234

見学歓迎‼️ (30分まで無料、それを超えると通常レッスン代を頂きます。 要事前申し込み)

 

 

 

*******************************************************
「ボサノヴァの詩を読む」元講師福嶋伸洋先生の最近の著書訳書
(Café yLibros info@cafeylibros.com, tel:03-6228-0234 にても取り扱っています)
・リオデジャネイロに降る雪
・オルフェウ・ダ・コンセイサォン
魔法使いの国のおきて
 マクナイーマ