「ボサノヴァの裏道を巡る」講座

★「ボサノヴァの裏道を巡る」

 

Cafe y Libros からお知らせ

新型コロナウイルス感染予防の観点から4月3日の講座は休講になりました。

尚、4月30日までCafe y Librosは臨時休館となっております。

 

ボサノヴァの歌詞やボサノヴァ史の中から、毎回いくつかのキーワードを抽出して、日本ではまだ広く知られていないブラジルの社会やカルチャーを知ろう、という講座です。 

ブラジルで生まれたボサノヴァの歌詞を通じて、自然や食文化、社会やカルチャー、ひいてはブラジル人の精神性などを、皆さんと一緒に探っていきます。 

ルイ・カストロが記した「ボサノヴァの歴史」の中で多くを語られなかった、“陽の当たらない”ボサノヴァのエピソードや人物も紹介することでボサノヴァをより多面的に紹介していきます。

※使用参考図書「ボサノヴァの歴史」(ルイ・カストロ著)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月の講座に予定されていたテーマは~

「シコ・ブアルキとノエウ・ホーザから考える“ブラジリダーヂ”」

前回(2月)、「MPBとは?」で取り上げたシコ・ブアルキを、改めて別の角度から検証します。シコ・ブアルキの歌と、シコの表現と相通じる世界観を持つノエウ・ホーザの歌を比較しながら、両者の歌を通して、“ブラジリダーヂ(「ブラジルらしさ」のようなもの)”について考えていきます。

検証曲
ノエウ・ホーザ「サォン・コイザス・ノッサス(São coisas Nossas)」
シコ・ブアルキ「サンバ・イ・アモール(Samba e Amor)」
など

~でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日    時     :    2020年4月03日(金)19:00~20:30 (原則月1回第1金曜日)

      4月の講座は休講になりました。

      次回は 5月1日の予定ですが、変更の場合は決まり次第当ページにてご案内します。

テーマ     :    「シコ・ブアルキとノエウ・ホーザから考える“ブラジリダーヂ”」

参加費  :    各回2,000円 (コーヒー菓子付き)

講 師  :  麻生雅人(あそうまさと) 

 

  

 

講師プロフィール:  

1964年、名古屋市生まれ。

著書に『おいしいブラジル』、『ブラジルカルチャー図鑑』(共にスペースシャワーネットワーク)、

『ディスクガイド ブラジリアン・ミュージック』、『ディスクガイド サンバ』(共にシンコーミュージック)など。

 ブラジル情報サイト「MEGA BRASIL」編集長。

 

 

 

予約はお早めに!Café y Libros :info@cafeylibros.com, tel:03-6228-0234

見学歓迎‼️ (30分まで無料、それを超えると通常レッスン代を頂きます。 要事前申し込み)

 

 

 

*******************************************************
「ボサノヴァの詩を読む」元講師福嶋伸洋先生の最近の著書訳書
(Café yLibros info@cafeylibros.com, tel:03-6228-0234 にても取り扱っています)
・リオデジャネイロに降る雪
・オルフェウ・ダ・コンセイサォン
魔法使いの国のおきて
 マクナイーマ