タンゴの詞を読む

“Lectura de Versiones de Tango”

02082013-D3S_5886 (877x1280)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルゼンチンタンゴ、この素晴らしい音楽についてもっと知りたくはありませんか?

このクラスではタンゴの詞を通して、その歴史、謎、歌に込められた美しさを探りながら、より深いタンゴ

世界へ近づいていきます。タンゴの歌詞には「ルンファルド」というタンゴ独特の言葉が出てきますが、その

深い意味も、歌詞にちなんだ映像などを用いながら解説します。

タンゴとアルゼンチンの歌の世界が広がるクラスです。

 

講師:レオナルド・ブラボ(Leonardo Bravo)
http://www.leonardobravo.com.ar/seccion.php?id_seccion=2

日    時:4月12日(水)11:00~12:30 (原則月1回第2水曜日

テーマ: Bandoneon arrabalero (Pascual Contursi)

 参加費:2000円 (コーヒー・菓子付き)

お早めに予約をどうぞ!
Cafe y Libros:   email: info@cafeylibros.com   tel :03-6228-0234   

 

レオナルド先生のすばらしい演奏が下をクリックするとお聞きになれます!

1)小松亮太氏との共演http://www.youtube.com/watch?v=BII195BcNi8
2)タンゴカルテット、  http://www.youtube.com/watch?v=3zCQaKec9-A
3)ギターソロ、              http://www.youtube.com/watch?v=Jdwskb6HjQc
4)ギター二重奏、          http://www.youtube.com/watch?v=XhxDlIp3DIA

 

 

レオナルド・ブラーボ クラシックギターマスタークラスのご報告

 

 

 

3月1日(日) 当サロンで開催された同クラスについて、参加した聴講生からコメントをいただきましたので、ご紹介いたします。

 

「当日は受講生3名の他、聴講生が6名、レッスン中のオーディエンスは8名で、レオナルド先生の熱心な指導に、受講生も聴講生も十分な集中力で臨み、充実したマスタークラスとなりました。

受講生もプロとして活動している方や、音大ギター科の学生さんなど、レベルの高い方たちで、その内のお一人はヒナステラ(アルゼンチンのクラシック作曲家)のソナタで受講、和声やリズムの解説など、民族リズム溢れるかの地に育った正統的なクラシックの音楽家であるレオナルド先生の、まさに真骨頂とも言える内容でした。プロギタリストの方も聴講していらっしゃいました。

Café y Librosのサロンは音響的にギターの音色が映えるので、ステージの作りやフロアの広さも含め、弾き心地、聴き心地ともに大変良い空間だと感じました。」

 

というように、同クラスは好評のうちに無事終了いたしました。

また本年中に通常のマスタークラスとは一味違うCafe y Librosだからこそできる

レオナルド先生によるギタリストのための特別クラスを、皆様のよきアドバイズを得ながら、企画したいと思います。 ご期待ください!!

(写真は3月1日の同マスタークラスの様子です)

 

Cafe y Libros: tel:6228-0234,   e-mail: info@cafeylibros.com